Yondaful Days!

好きな本や映画・音楽についての感想を綴ったブログです。

漫画

『3月のライオン』聖地巡礼の魅力(その3)~橋と人と

ひとつ前に書いた通り作品の舞台は水に囲まれているわけですが、隅田川を渡る橋は、中央大橋以外にもあります。 だけでなく、それぞれが登場人物と強く繋がりを持っています。 今回は、かなりこじつけ部分もありますが、登場人物と橋の結びつきについてまと…

『3月のライオン』聖地巡礼の魅力(その2)~河を渡る

その1では、『3月のライオン』の聖地巡礼ではランドマークが重要な要素であることを書きましたが、最も重要なことを書いていませんでした。 それは、三日月町すなわち佃島が水に囲まれているということです。 風景の一部をなすランドマークを多数擁するだけ…

『3月のライオン』聖地巡礼の魅力(その1)~ランドマーク

大好きな作品の舞台となった場所を実際に訪れる「聖地巡礼」は、それだけでワクワクするものです。 自分が『3月のライオン』の「聖地巡礼」をしてみようと思ったのは勿論、そのワクワク感を求めてのことです。しかし、何度か現地に行き、その後、漫画を読み…

「恋愛スピリッツ」こそが作品最大の魅力~『ダーリン・イン・ザ・フランキス』

ダーリン・イン・ザ・フランキス 1(完全生産限定版) [Blu-ray]出版社/メーカー: アニプレックス発売日: 2018/04/25メディア: Blu-rayこの商品を含むブログ (2件) を見る 人類は荒廃した大地に、移動要塞都市“プランテーション”を建設し文明を謳歌していた。…

あの名作漫画に喩えれば…米代恭『あげくの果てのカノン』最終5巻を目前にして

あげくの果てのカノン 5 (5) (ビッグコミックス)作者: 米代恭出版社/メーカー: 小学館発売日: 2018/06/12メディア: コミックこの商品を含むブログ (4件) を見る先日、『あげくの果てのカノン』3・4巻の感想を書くときに、かのんと境宗介が「一線を越えていな…

バランスを崩す4人の恋〜米代恭『あげくの果てのカノン』(3)(4)

あげくの果てのカノン 3 (ビッグコミックス)作者: 米代恭出版社/メーカー: 小学館発売日: 2017/04/12メディア: コミックこの商品を含むブログ (6件) を見るあげくの果てのカノン(4) (ビッグコミックス)作者: 米代恭出版社/メーカー: 小学館発売日: 2017/1…

大好きな装丁、大好きなストーリー〜米代恭『あげくの果てのカノン』(1)(2)

あげくの果てのカノン 1 (ビッグコミックス)作者: 米代恭出版社/メーカー: 小学館発売日: 2016/06/10メディア: コミックこの商品を含むブログ (5件) を見るあげくの果てのカノン 2 (ビッグコミックス)作者: 米代恭出版社/メーカー: 小学館発売日: 2016/10/12…

家族愛について考える傑作〜田亀源五郎『弟の夫』全4巻

弟の夫(1) (アクションコミックス(月刊アクション))作者: 田亀源五郎出版社/メーカー: 双葉社発売日: 2015/05/25メディア: コミックこの商品を含むブログ (22件) を見る ゴールデンウィークに都内を中心に「東京レインボープライド(TRP2018)」が開催され…

改札素早く通り抜けろ2人のルールで〜熊倉献『春と盆暗』

まばたき(初回生産限定盤)(DVD付)アーティスト: YUKI出版社/メーカー: ERJ発売日: 2017/03/15メディア: CDこの商品を含むブログ (2件) を見る 改札 素早く通り抜けろ2人のルールで また ふざけてるんだろう? 雨でまつげが濡れてる 失くしたもの ここじゃな…

怖がらせるタイミング〜山岸涼子『月読』

月読―自選作品集 (文春文庫―ビジュアル版)作者: 山岸凉子出版社/メーカー: 文藝春秋発売日: 1996/08メディア: 文庫 クリック: 28回この商品を含むブログ (19件) を見る今年になってから始めた御朱印集め。 八王子にある子安神社では、桜の時期に3日間限定の…

『ラ・ラ・ランド』×藤子・F・不二雄「分岐点」×小沢健二「流動体について」

まずは『ラ・ラ・ランド』の初見感想。(ネタバレありです。要注意) 元々、3月末の平日に時間を取れるチャンスがあり、韓国映画(『お嬢さん』『アシュラ』のどちらか)を観ようと決めていたのだが、結局上映時間の関係で、他の作品を観ることに。そのとき…

「生きるヒント」がそこにはある〜つづ井『腐女子のつづ井さん』(2)

腐女子のつづ井さん2 (ピクシブエッセイ)作者: つづ井出版社/メーカー: KADOKAWA発売日: 2016/09/23メディア: 単行本この商品を含むブログ (2件) を見る一読目は、1巻を読んだときの衝撃は受けず、少し残念に思ってしまったほどだったが、2度3度読むと、ちゃ…

宮沢賢治関連の感想 目次

宮沢賢治作品本体の感想 宮沢賢治「銀河鉄道の夜」CD(朗読・岸田今日子)(2007年5月) ⇒自分の宮沢賢治への愛は、この朗読CDから始まっています。岸田今日子の表現力に驚きます。 宮沢賢治『風の又三郎』(朗読・市川悦子)(2007年6月) ますむらひろし関…

人生を肯定してくれる漫画〜つづ井『腐女子のつづ井さん』(1)

腐女子のつづ井さん (MF comicessay)作者: つづ井出版社/メーカー: KADOKAWA発売日: 2016/02/05メディア: 単行本この商品を含むブログ (4件) を見る久しぶりにテレビで高校サッカーを見た。 高校時代に所属していたサッカー部は、それほど強いわけでなく、自…

自分のオススメは、漫画→映画→漫画の順〜こうの史代『この世界の片隅に』

この世界の片隅に 劇場アニメ公式ガイドブック作者: 『この世界の片隅に』製作委員会,.出版社/メーカー: 双葉社発売日: 2016/10/26メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログ (30件) を見る今回、各所からの絶賛評を知り、気になり過ぎて仕事も…

セルジュにとって、アスランにとって「誇り」とは?〜竹宮惠子『風と木の詩』(4)〜(6)

風と木の詩 (第4巻) (白泉社文庫)作者: 竹宮惠子出版社/メーカー: 白泉社発売日: 1995/03/01メディア: コミックこの商品を含むブログ (6件) を見る風と木の詩 (第5巻) (白泉社文庫)作者: 竹宮惠子出版社/メーカー: 白泉社発売日: 1995/06/01メディア: コミッ…

性表現の扉を開けた少女漫画〜竹宮惠子『風と木の詩』(1)〜(3)

白泉社文庫版で1巻から読み始めましたが、面白すぎる内容に驚いています…。風と木の詩 (第1巻) (白泉社文庫)作者: 竹宮惠子出版社/メーカー: 白泉社発売日: 1995/03/01メディア: コミック クリック: 53回この商品を含むブログ (27件) を見る風と木の詩 (第2…

世の果て 地の果て そんな生易しいものじゃない〜おざわゆき『凍りの掌』

凍りの掌作者: おざわゆき出版社/メーカー: 小池書院発売日: 2012/06/23メディア: コミック購入: 2人 クリック: 17回この商品を含むブログを見る 「シベリア抑留」という言葉を自分が知ったのは、どこだっただろうか。 小中高の歴史の時間に知ったのではなく…

毒親の話をどう読むか〜田房永子『母がしんどい』

母がしんどい作者: 田房永子出版社/メーカー: KADOKAWA/中経出版発売日: 2012/03/23メディア: 単行本この商品を含むブログを見る 田房永子さんが小さいころからの母との関係について詳しく綴ったエッセイ漫画で、いわゆる「毒親」を扱った漫画。 田房永子さ…

地割れに涙する〜山岸涼子『日出処の天子』(7)

日出処の天子 完全版 7 (MFコミックス ダ・ヴィンチシリーズ)作者: 山岸凉子出版社/メーカー: KADOKAWA/メディアファクトリー発売日: 2012/04/19メディア: コミックこの商品を含むブログを見る日出処の天子 (第7巻) (白泉社文庫)作者: 山岸凉子出版社/メーカ…

サブキャラクター達の思惑〜山岸涼子『日出処の天子』(6)

日出処の天子 完全版 6 (MFコミックス ダ・ヴィンチシリーズ)作者: 山岸凉子出版社/メーカー: KADOKAWA/メディアファクトリー発売日: 2012/04/19メディア: コミックこの商品を含むブログを見る日出処の天子 (第6巻) (白泉社文庫)作者: 山岸凉子出版社/メーカ…

花の24年組の漫画家たちの作品についての感想目次

Wikipediaによれば、24年組とは「昭和24年(1949年)頃の生まれで、1970年代に少女漫画の革新を担った日本の女性漫画家の一群」ということで、皆がピタリ昭和24年生まれというわけではないのですね。 現在勉強中です。 山岸涼子(昭和22年生) 蘇我毛人と厩…

モヤモヤはインタビューで解消〜永田カビ『さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ』

さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ作者: 永田カビ出版社/メーカー: イースト・プレス発売日: 2016/06/30メディア: Kindle版この商品を含むブログ (4件) を見る 最初に書いた感想 あまりに気になるタイトルながら、実は「生きづらさ」を感じている人の本…

コンパクトにまとまった「入れ替わりもの」〜川端志季『宇宙を駆けるよだか』全3巻

宇宙を駆けるよだか 1 (マーガレットコミックスDIGITAL)作者: 川端志季出版社/メーカー: 集英社発売日: 2015/05/25メディア: Kindle版この商品を含むブログを見る宇宙を駆けるよだか 2 (マーガレットコミックスDIGITAL)作者: 川端志季出版社/メーカー: 集英…

女子はなぜ山に登るのか?〜鈴木ともこさん、鈴木みきさんのエッセイ漫画4冊

別々の作者による山登りエッセイ漫画を連続して読んだ。 しかも二人は偶然にも同じ鈴木姓。 同じジャンルのエッセイ漫画ということで比べて読んだが、方向性が全く違って面白かった。 鈴木ともこ『山登りはじめました』『山登りはじめました2』 山登りはじめ…

1986年の出来事予想〜清水玲子『月の子』(4)〜(6)

月の子 MOON CHILD 4 (白泉社文庫)作者: 清水玲子出版社/メーカー: 白泉社発売日: 2013/08/09メディア: Kindle版この商品を含むブログを見る月の子 (第5巻) (白泉社文庫)作者: 清水玲子出版社/メーカー: 白泉社発売日: 1998/12/01メディア: 文庫購入: 1人 ク…

とっつきにくい世界から救ってくれたあるキーワード〜清水玲子『月の子』(1)〜(3)

月の子 MOON CHILD 1 (白泉社文庫)作者: 清水玲子出版社/メーカー: 白泉社発売日: 2013/08/09メディア: Kindle版この商品を含むブログを見る月の子 MOON CHILD 2 (白泉社文庫)作者: 清水玲子出版社/メーカー: 白泉社発売日: 2013/08/09メディア: Kindle版こ…

名探偵コナンに関する感想 目次

コナンの映画は2010年以降、よう太と一緒に見続けていますが、毎年タイプが違って面白いですね。 映画 さらに広い心を試されるクライマックス〜映画『名探偵コナン 純黒の悪夢(ナイトメア)』(2016) 映画『名探偵コナン 業火の向日葵』と朽木ゆり子『ゴッ…

高尚と感じるか苦手と感じるか〜萩尾望都『ポーの一族』全3巻

ポーの一族 (1) (小学館文庫)作者: 萩尾望都出版社/メーカー: 小学館発売日: 1998/07/01メディア: 文庫購入: 8人 クリック: 125回この商品を含むブログ (162件) を見るポーの一族 (2) (小学館文庫)作者: 萩尾望都出版社/メーカー: 小学館発売日: 1998/07/01…

もがく女子たち〜ヤマシタトモコ『HER』

HER(Feelコミックス)作者: ヤマシタトモコ出版社/メーカー: 祥伝社発売日: 2010/07/08メディア: コミック購入: 6人 クリック: 220回この商品を含むブログ (154件) を見る朝日新聞日曜読書欄の悩み相談コーナー「悩んで読むか読んで悩むか」のコーナー(2016/…